無料ブログはココログ

酒ブログ

2019年9月 7日 (土)

まんさくの花 雪室吟醸(2019)

8月31日(土)

まんさくの花 雪室吟醸 いただきました

Img_1011

Img_1012

酒蔵:日の丸醸造(株) 秋田県横手市

おそらく、雪室で貯蔵されたお酒を飲むのは初めて!

ラベルもかわいく、とても楽しみ!


まんさくの花はよく飲むお酒でお気に入りだから、当然おいしいはず、と思いつついただきました。


コクがあり、濃い味だけど、飲み口は夏に飲むお酒らしく爽やかで口当たりが素晴らしくいい。

期待を裏切らないおいしいお酒。




HPを見たら、雪室の作り方がアップされていて、

室から雪をかきだし、お酒を入れて、雪をかけ、藁で屋根をつくり、6月まで貯蔵。

その後、雪が溶け始める7月まで貯蔵可能で、全て手作業で室作りからしている作業がアップされていました。

本当に感謝のお酒です。

横手市は、かまくらでも有名なほどの豪雪地帯。

そのおかげで、おいしい雪室のお酒がいただけることに感謝です。

おいしいお酒をごちそうさまでした。

2019年7月27日 (土)

グレイス明野ブラン2017

7月26日(金)

晩ご飯がお寿司だったので(スーパーのものではない)、じゃ、白ワインでも飲もう!となり、

5月に山梨で買ってきた グレイス明野ブラン2017 いただきました

Img_2293
Img_2294 

ワイナリー:中央葡萄酒(株) 山梨県甲州市勝沼町

ぶどう品種:シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン



色は、黄みがかったシャルドネの色。香りが、なんとも香ばしい。今までに経験したことのない、ゴマのような香りでした。

(にゃんこ個人の感想で、妹は?といった感じでした)

味がまた、特別で、シャルドネは、今までたくさん飲んできたけど、外国のシャルドネとは全く違った味わいで、

味が濃い、というかコクがあり、飲んだ時にも、鼻から抜ける香ばしい香りがいい。

個性的でとてもおいしい。

 

当然だけど、あっという間に1本終了。

また飲みたい!と思うおいしいワインでした。

ごちそうさまでした。

2019年7月21日 (日)

モンテス・アルファ・シャルドネ 2016

7月21日(日)

モンテス・アルファ・シャルドネ2016 いただきました

Img_2289

 Img_1369_20190721133101

購入場所:エノテカ(クリスマス福袋)

色は黃みがかって、香りはリンゴのよう。
味はやや甘口でコクがあり、説明書のとおりの味。

 

モンテスは色々と飲みましたが、どれをいただいても、安定しておいしいワインです。

おいしいワインをごちそうさまでした。

2019年6月29日 (土)

イスラエルのワイン

3月18日

イスラエルのワインをいただきました

Img_1461

Img_1459

イスラエルを旅された方から妹がいただきました。

まず、驚いたのは、イスラエルって、ワインあるんだ!

そして、ラベルがなんともイスラエルな雰囲気でいいではありませんか。

イスラエルを旅するなんて、にゃんこには、一生かかってもできそうにないけれど、

イスラエルのワインがいただけるなんて、本当にありがたい。

そして、またこのワインがおいしい!

本当においしいんです。飲む前は、どんな味か全く想像できなかったけど、また飲みたいな、と思うワインでした。

イスラエルのワインを飲む、という貴重な体験ができました。

 

おいしいワインをごちそうさまでした。

2019年6月23日 (日)

ワインキングダム 赤

6月22日(土)

山梨の旅行で買ったワイン、ワインキングダム 赤 いただきました

Img_2285

Img_2286

昇仙峡にあるワイン王国、というお店で買いました。

山梨なので、日本ワインを買ったつもりでしたが、裏をよく見てちょっとがっかり。

なんと輸入ぶどうを使用して作られているではありませんか。

(おいしかったからいいんだけど)

輸入ぶどうも使っているけど、ちゃんと日本のマスカットベリーAというぶどうをブレンドされています。

マスカットベリーAは、甘くて濃厚な味わいで、2日間、山梨でマスカットベリーAを使ったワインを飲んでいると、これがマスカットベリーAだな、と分かるほど、特徴的な甘さがあります。

おいしいワインをごちそうさまでした。

 

2019年6月15日 (土)

まるきブラン

5月29日(水)

まるきブラン いただきました

Img_2104



Img_2105
Img_2106

ワイナリー:まるき葡萄酒(株) 山梨県甲州市勝沼町
購入場所:笛吹川温泉 坐忘
価格:3000円 (一升瓶)

一升瓶のワインです。

先日、山梨へ旅行へ行った際、購入しました。

お宿の坐忘さんにワイナリーに連れて行っていただきました。

Img_1914

 

こちらのワイナリーは、現存する日本最古のワイナリーということでとても歴史があり、

畑では、羊ちゃんを飼っていて、その羊ちゃんに雑草を食べてもらっている

とてもユニークでエコなワイナリー

山梨では、一升瓶ワインをよくみかけますが、ワイナリーツアーで教えていただいたお話では、

ワインをつくりはじめてばかりの頃は、まだワインの瓶もなく、

空になった日本酒の一升瓶にワインを入れていたことがはじまりで、

当然、ワイングラスもなく、お湯のみでワインを飲んでいたそうです。

へ~と思う、面白いお話。

なので、にゃんこも家ではワイングラスではなく、お湯のみでいただきました。

ぶどうは、甲州とデラウェアをブレンドした日本のワイン。

味も外国の白ワインとは全く違う味わいに、さらに湯飲みで飲んでいるからガラスとはまた違った

口当たりなのが魅力的。

ラベルも日本的なデザインに、バーコードが瓶の形になっていてかわいいし、ファンになりました。

これからは日本のワインをもっと飲もう!と思う発見のある旅でした。

旅行に興味のある方はここをクリックしてくださいね。

旅行ブログにとびます。

P5275000

2019年5月19日 (日)

人気一 純米大吟醸 令和元年 五月一日しぼり

5月11日(土)

平成から令和へとなりました。ということで、

人気一 純米大吟醸 令和元年 五月一日しぼり いただきました


Img_1886

Img_1887

酒蔵:人気酒造 福島県二本松市

初めてのお酒です!

まず、酒蔵さんのお名前が人気酒造、って面白いです。

なんて読むの?と調べたけど、「にんき」と読むらしい。

そしてお酒の名前が「人気一」ということは酒蔵イチオシのお酒なんだろうな。

なんて、思いながら、令和の初日にしぼって、ボトリングし、出荷されたありがたいお酒をいただきました。


栓を開けると、シュワシュワとまだ発酵していて、テンション上昇↑↑↑

味はどっしりとして、濃厚なお酒。甘めです。

割烹着を着た昔のお母さん、というか、そんな感じのお酒です。

おいしいお酒をごちそうさまでした。

令和でも、おいしくお酒が飲めますように。。。

2019年5月 5日 (日)

岡崎市の食堂こなんさんで而今 無濾過生酒とおいしい和食をいただく

5月3日(金)憲法記念日

岡崎市に最近できた食堂こなんさんでランチをしました。

お酒は何をいただこうかな~とふとメニューを見たら、紙いっぱいに日本酒が!


その品揃えに感動し、よ~く見るとなんとなんと而今様が!!!

ということでいただきました

Img_1844

まさか、ここで而今さまに出会えるとは💕

目の前で徳利にそそいでいただけるのですが、その瞬間から而今の香りが💕

以前、シマカンでいただいたことを思い出します💕

香りのチカラってすごい!と改めて思わされました。


肝心のお料理ですが、ランチの2000円コースを予約してありました。

また、そのお料理がとてつもなくおいしくて、、、

Img_1845_collage
Img_1848_collage

なんと、これで2000円です。

お料理も食べるタイミングをみはからって1品ずつ出していただけるし、

目でもお口でも愉しませていただける最高のランチでした。

日本酒の品揃えが豊富で、名前も聞いたことのないお酒がたくさんありました。

今度は、夜、日本酒を飲みに行きたいな~と思ういいお店でした。

2019年4月30日 (火)

セレステ・クリアンサ2015

4月30日(火)

今日はいよいよ平成最後の日

せっかくなのでワインをいただきました

セレステ・クリアンサ2015 です

Img_1782

Img_1370_1

 購入場所:エノテカ クリスマス福袋の中の1本

生産地:スペイン

生産者:トーレス

星空と星座が美しいラベル

飲んだ感想は、説明書きのとおり。色はルビー色、香りにはスパイシーさを感じる。

飲み始めた時は酸味とタンニンをしっかりと感じましたが、今はまろやかさを感じる中にタンニンの舌触りが心地よくなってきた。

 

今日は平成最後の日。

どんな風に元号がかわるんだろう、と興味津々。

貴重な1日なので、家でじっくりと過ごしています。

ありがとう平成。

新しくやってくる令和。

いい時代になりますように。。。

 

2019年4月20日 (土)

白鹿クラシックス しぼりたて原酒 辛口

4月8日(月)

白鹿クラシックス しぼりたて原酒 辛口 いただきました

Img_1688

兵庫県西宮市に行って買ってきました

なんと4合で858円。安い!


858円とは思えないおいしさ!



なんだけど、お店では、よくある試飲用のプラの小さなコップに100円で試飲。

4合で858円のお酒をたかが大さじ二杯ぐらいかな?それくらいの量を100円で飲ますなんて、ぼったくり???

このお酒はおいしかったんだけど、、、、、


おいしいだけに、飲ませ方が残念な感じ。

関西と東海の文化の違いなのか、せっかく酒蔵まで行ったんだけど、あまり楽しくない酒蔵巡りでした。

そんな酒蔵めぐりでしたが、興味のある方はここをクリックしてください。

旅行ブログ見てくださいね。

«赤ワインと白ワインの区別はつかないのか?